40代コンビ・錦鯉、M−1決勝「誰よりも1000万欲しい」

2020.12.3 20:15

会見に登場した錦鯉 (左:長谷川雅紀 右:渡辺隆/2日・東京都内)(C)M-1グランプリ事務局

(写真11枚)

2019年は当時ほぼ無名だったミルクボーイが史上最高得点681点をたたき出し優勝した、漫才日本一決定戦『M−1グランプリ』(ABCテレビ)。2日、決勝進出を決めた9組が発表された。

過去最高エントリー数となった5081組のなかから激戦を勝ち上がったのは、アキナ、ウエストランド(タイタン)、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン(グレープカンパニー)、錦鯉(ソニーミュージックアーティスツ)、ニューヨーク、マヂカルラブリー、見取り図の9組(事務所表記のない出場者はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)。

なかでも注目を集めたのは、初の決勝進出となった錦鯉。結成8年だが芸歴は長く、長谷川は49歳、渡辺は42歳。ファイナリスト発表でコンビ名が呼ばれた瞬間、隣にいた金属バットの友保が渡辺を抱きしめ、ランジャタイの国崎やぺこぱの松陰寺がガッツポーズして喜んでいた光景からもわかるように、芸人仲間からも期待が寄せられるコンビだ。

発表会見では、「スゴイ展開になりました!」と興奮しつつも戸惑いながら登場した2人。「人生の折り返し地点から人生大逆転!」(長谷川)、「最高ですね。僕らだけだと思います、バイトしてるの。なので僕らが誰よりも1000万がほしいってわかってほしい」と意気込んだ。

会見に登場した東京ホテイソン (左:たける 右:ショーゴ)(C)M-1グランプリ事務局

同じく初の決勝進出となった東京ホテイソン。たけるは「多分僕が25歳で最年少なんですけど、(錦鯉・長谷川)雅紀さんが父親と同じ年で(笑)」と、2人が24歳差であることが判明し、「親父を倒す旅に出ます」と宣戦布告をする場面も。

『M−1グランプリ2020』放送は12月20日。敗者復活戦も同日、ABCテレビほか全国ネットで生放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本