パスコから未来食、コオロギのお菓子&パンでカフェ気分

2020.12.1 09:15

「コオロギのフィナンシェ」(1箱/10匹⼊×3個・30匹⼊×3個 計6個⼊/2160円・送料別)100箱限定

(写真7枚)

地球にやさしく、栄養価が高いと年々注目が集まる昆虫食。12月1日から「敷島製パン」(本社:名古屋市東区)の「Pasco(パスコ)」オンラインショップ限定で、コオロギパウダー入りの菓子とパンが販売される。

『日経トレンディ』の「2021年ヒット予測100」にもランクインし、次世代のプロテインとも言われる、コオロギフード。たんぱく質をはじめ、食物繊維やミネラルなど栄養素が豊富で、飼育に必要な餌や温室効果ガスが食肉に比べて少ない「未来食」として、さまざまな商品が展開されている。

今回の「Korogi Cafe」シリーズでは、タイの衛生的な農場で養殖された、ヨーロッパイエコオロギを使用。炒ったナッツのような香りがあり、ほかの品種に比べて、クセの少ないさっぱりした味わいが特徴だという。

やさしい甘さを感じられる「コオロギのフィナンシェ」は、1個あたりのコオロギの使用量が10匹、30匹の2種があり、味の深みの違いが楽しめる。価格は各3個入りで、2160円(送料別・100箱限定)。

また、「コオロギのバゲット」は、コオロギ由来の香ばしさや噛むほどに感じられるという旨みが魅力。トマトソース、クラムチャウダーなど、食事の付け合わせにもおすすめとか。価格は540円(送料別・100本限定)。

SNSでは、「味が気になる」「コオロギじわっと来てるな」「とうとう大手メーカーも昆虫食に乗り出しましたね」「100年後のスタンダードになっているかも」と、さっそく新商品へ注目する声も。

フィナンシェとバゲットのセットも数量限定で販売され、注文受け付けは10日まで。売り切れ次第終了となる。

文/塩屋薫

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本