関西演劇祭が始まる、審査員からゲキ「ここでスターになれ」

2020.11.21 19:45

参加団体が全員揃っておこなわれた『関西演劇祭2020』の開会式(11月21日・TTホール)

(写真12枚)

関西から演劇界を盛り上げようと約1週間に渡り開催される『関西演劇祭2020』。初日となる11月21日、「TTホール」(大阪市中央区)で開会式がおこなわれた。

同演劇祭は、「演劇に携わる才能を発見したい」と2019年にスタート。フェスティバル・ディレクターを務める板尾創路が「今年はやれないと思っていたので、今日ここに立てているのが良い感じ」、審査員の西田シャトナーも「純粋で貴重な演劇を心から味わい尽くしたい」と開催を喜んだ。

今年参加するのは、東京など他都市からも含めて10団体。実行委員長の羽野晶紀は、「どの劇団も知らないので、まず私に覚えられるようにみなさん頑張っていただきたい」とゲキを飛ばした。

さらにスペシャルサポーターの行定勲監督は、「せめてここでスターになれ。ここでならなければ世のなかに出てもスターにはなれないから。ものすごく期待している」と参加者らにエールを送った。

また、審査員にはNHKの櫻井賢ディレクターも参加。「いま来年の朝ドラの準備真っ盛りでして、まだキャスティングはいっぱい空いておりますので」と参加者には夢のような言葉もかけられ、会場は盛り上がった。

出演団体は、「Artist Unit イカスケ」「安住の地」「キミノアオハル」「くによし組」「劇団アンサングヒーロー」「劇団 右脳爆発」「劇団The Timeless Letter×ラビット番長」「劇団乱れ桜」「ばぶれるりぐる」「May」。

在阪テレビ局のプロデューサーやディレクター、演劇関係者らが審査し、最終日にベスト脚本賞や審査員特別賞、観客賞など6つの賞を発表する。

11月29日までおこなわれ、期間中に1公演2劇団の作品をオムニバス上演。チケットは一般3000円、学生2000円(当日は各500円増)。

『関西演劇祭2020』

日程:2020年11月21日(土)〜29日(日)※25日・26日は休演
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(大阪市中央区大阪城3-6)
料金:一般3000円、学生2000円(当日は各500円増)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本