卵のバンズで「罪悪感ない」新感覚バーガーの専門店が大阪に

2020.11.22 14:15

写真は「チーズエッグウィッチ」(490円)。1枚につき卵1個使用され、エッグウィッチ1個で卵2つ摂取することができる

(写真5枚)

世界初のエッグウィッチ専門店「ドン・ウォーリー・エッグウィッチ」(大阪市西区)が11月24日、大阪・阿波座にオープン。健康意識の高まりや糖質制限ダイエット中のニーズに応える、新たなファストフードに注目が集まる。

同店は、人をダメにするクッション・ヨギボーで知られる「ウェブシャーク」(本社:大阪市中央区)による新業態。今回、世界初のエッグウィッチ専門店として3種類の販売をスタートする。

エッグウィッチとは、ハンバーガーのバンズを卵で代用したアメリカ生まれのネオハンバーガー。社長の木村さんがダイエット中に「ハンバーガーが食べたかった」ことがきっかけで、ヘルシーかつ食べ応えのあるバンズを探し求め、アメリカで冷凍食品として販売されているエッグウィッチを発見したのだとか。

約半年にわたって開発したというこだわりの卵バンズは、卵だけでなくクリームチーズなどを使用し、つるんとしたプリンのような食感で、ほのかな甘みがあるのが特徴。そこにシャキシャキのレタス、トマト、ビーフ100%のパティを挟み、からしマヨネーズをアクセントに入れることで、飽きずに最後まで食べられるように工夫されている。

「エッグウィッチ」(390円)は、1個あたり糖質9.7g、タンパク質23.6g、228キロカロリーを実現(通常のバーガーは糖質30.2g、タンパク質12.8g、カロリー250キロカロリーほど)。

ほか「チーズエッグウィッチ」(490円)、「ダブルダブル」(690円)のバーガー、ポテト&ドリンクセット(+370円)がスタンバイ。

担当者は、「年齢や性別関係なく、健康やダイエットに気を使う方のニーズに合った商品に仕上がっていると思う。平日はビジネスマンのみなさん、休日はファミリーでも楽しんでもらえたらうれしい」と話す。

営業時間は7時〜20時。場所は、大阪メトロ四つ橋線・本町駅から徒歩約5分。支払いはクレジットカードと電子マネーのみ利用可能。

取材・写真/野村真帆

「Don’t Worry Egg’ Wich(ドン・ウォーリー・エッグウィッチ)」

2020年11月24(火)オープン
住所:大阪市西区阿波座1-13-15 クリエイトビル1F
営業:7:00〜20:00(年末年始休)
電話:06-6585-7665

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本