祇園・木崎、ハルカスイルミ開幕に「世界で2番目に美しい」

2020.11.5 08:45

独特のナルシストキャラで人気を博す祇園(左から木崎、櫻井)を見るために、平日の帰宅ラッシュ時ながら若い女性を中心に多くの人が集まった(4日・大阪市内)

(写真6枚)

日本一高いビルの冬を色あざやかな光で美しく彩る『あべのハルカス 天空のイルミネーション 2020』がスタート。初日となった4日に除幕式がおこなわれ、お笑いコンビ・祇園が登場した。

除幕式がおこなわれたのは、最も多くの人が行き交う阿倍野歩道橋と繋がる2階外周デッキ・シャトルエレベーター入口付近のエリア。今年新たにイメージを刷新し、「ハルカス300」のキャラクター「あべのべあ」の顔をかたどった2mを超えるフォトスポットがお披露目された。

除幕式に登場した祇園の2人は、かつて劇場があり、毎日のように舞台に立っていたあべのハルカスの思い出を語るとともに、「16階にある世界で2番目に美しいイルミネーションにも立ち寄ってください・・・世界で1番美しいのは木崎なので」(木崎)と、独特のナルシストキャラでコメント。

そして16階の屋外庭園、19階の「大阪マリオット都ホテル」ロビー、58階の天空庭園など、ビルいっぱいに広がるイルミネーションをアピールした。

『あべのハルカス 天空のイルミネーション 2020』は2021年2月28日まで開催され、そのほかにも「てんしば」「あべのキューズタウン」「アポロビル・ルシアスビル」および「天王寺MIO」でイルミネーションが点灯され、あべの・天王寺エリア全体がまばゆい光に包まれる。

取材・写真/上地智

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本