神戸港に次世代アクアリウムやフードホール、来秋複合施設が

2020.10.28 09:15

「神戸ポートミュージアム」完成建物イメージ

(写真2枚)

神戸港内にある新港第1突堤で現在、複合文化施設「神戸ポートミュージアム」が建設中。アクアリウムとフードホール、クラシックカーミュージアムで構成され、2021年秋頃開業予定だという。

1階は、神戸ブランド「TOOTH TOOTH」がセレクトしたフードマーケット「トゥース マート フードホール&ナイトフェス」と、大阪築港「ジーライオンミュージアム」によるヴィンテージカー専門の「GLION CLASSIC CAR MUSEUM(仮称)」が登場。

また2階〜4階には、「劇場型アクアリウム」をコンセプトに、水槽を使った舞台美術やデジタルアートの演出による次世代エンタテインメント施設「アトア」がオープンする。

施設は、敷地面積5328平方メートルの延床面積7283平方メートルで、鉄筋コンクリートの地上4階地下1階。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本