淡路島3年とらふぐを満喫、ご当地グルメ「美福鍋」が爆誕

2020.10.25 17:15

淡路島3年とらふぐを満喫できる、ホテルアナガの「美福鍋」

(写真7枚)

ふぐのトップブランドとして知られる「淡路島3年とらふぐ」を使った「美福鍋」が、淡路島の「ホテルアナガ」(兵庫県南あわじ市)で、11月1日より味わえる。

通常、養殖のとらふぐは生育期間2年で出荷されるところ、「3年とらふぐ」は1年延長しさらに大きくしてから出荷。ミネラル豊富な鳴門海峡の潮流が届く福良湾沖で、良質な給餌により身が締まった、旨みの濃いふぐに育つという。

淡路島3年とらふぐの「薄造り」

鳴門海峡を臨む「ホテルアナガ」では、この「淡路島3年とらふぐ」が鍋で堪能できる2つのコースを用意。同ホテル内「日本料理 阿那賀」にて提供される。

このうちのひとつが「美福鍋コース」。美福鍋とは、南あわじ市が進める「淡路の食生み神話プロジェクト」で、第1弾として誕生したご当地グルメ。淡路島3年とらふぐを使うことはもちろん、コラーゲンたっぷりのふぐ皮を鍋の具材に入れる、淡路島産レタスを使用するなど、提供に必要な7カ条を厳守した鍋だけが、名乗ることを許される、新感覚のてっちりだ。

もうひとつは、旨みたっぷりの身を贅沢に使ったしゃぶしゃぶがメインの「阿那賀のふぐしゃぶ鍋コース」。刺身は、薄造りとぶつ切りで異なる食感が楽しめるなど、淡路島3年とらふぐを余すことなく堪能できる。

料金は「美福鍋コース」が1万5千円(税・サ込)、「阿那賀のふぐしゃぶ鍋コース」が1万8千円(税・サ込)で、どちらも3月下旬までの期間限定。それぞれGoToトラベルキャンペーン割引対象となる宿泊プランも用意されている。

文/みやけなお

ホテルアナガ

住所:兵庫県南あわじ市阿那賀1109
電話:0799-39-1111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本