ポテトは不要!? 挑戦しすぎなバーガーキング限定商品

2020.10.24 12:25

フレンチフライ、ミートソース、マヨネーズをサンドした「ザ・フェイク・バーガー」

(写真2枚)

ハンバーガーチェーン「バーガーキング」(運営:ビーケージャパンホールディングス/本社:東京都千代田区)が、10月23日から期間限定で販売した「ザ・フェイク・バーガー」の具が話題に。

パテや野菜などの代わりとして、サンドしているのはフレンチフライ。ベジタリアン用かと思えば、ソースはビーフ100%の挽き肉を使用した濃厚なミートソースと、ポテトとも相性が良いマヨネーズを使用。商品は単品290円。フレンチフライとドリンク(共にMサイズ)付きセットは590円。

SNSでは「とんでもないバーガーだ」「何でこれにフレンチフライをセットにするの」と驚くコメントが相次ぎ、すでに食した人は「気になりすぎて我慢できなかった」「自分的にはおいしかった」と好奇心をそそられているよう。

ちなみに、イギリスでは「Chip butty(チップバティ)」という、パンにフライドポテトをはさんだサンドウィッチやバーガーがあり、炭水化物好きにはたまらない存在となっている。

セットのフレンチフライは+20円でオニオンリング、+50円でココナッツシュリンプ(3ピース)か、シーザーサラダに。また味変してもっとフレンチフライを楽しみたい人には+80円でチリチーズフライに。全国のバーガーキングにて販売され(一部店舗を除く)、期間は11月5日まで(売り切れ次第終了)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本