タバコメーカーが喫煙所を寄付「ポイ捨て減、煙ない社会を」

2020.10.9 06:15

「門真運転免許試験場」に隣接した加熱式タバコ専用エリア

(写真8枚)

タバコメーカー「フィリップ モリス ジャパン」(所在地:東京都千代田区/代表:シェリー・ゴー)が、大阪府に屋外分煙所を寄付。その感謝状贈呈式が10月8日、大阪府庁で開催され、吉村洋文知事が同社の井上哲(さとし)副社長に感謝状を手渡した。

『大阪府受動喫煙防止条例』に基づいて「原則屋内禁煙」が進み、路上喫煙をなくすために屋外分煙所の整備を進めている大阪府。

「煙のない社会を目指している」という同社によって3月19日、「門真運転免許試験場」(門真市)の隣接地に同条例のモデル整備第1号となる屋外喫煙所が作られたが、新型コロナウイルスの影響により開所式ができず、今回感謝状が贈られた。

この喫煙所の特徴は、紙巻きタバコの喫煙エリアと加熱式タバコの使用エリアが区分されていることで、井上副社長は「これまで、せっかく加熱式タバコに切り替えた人も、喫煙所にいったら煙に包まれながら吸うことになり、良くない。今回の喫煙所はスペースをはっきりと分けられた」と挨拶。

吉村知事は、「同エリアは歩きタバコやポイ捨てなど、周辺のみなさんへの環境整備にも課題があった。設置後はポイ捨てなども減り、受動喫煙対策として第1号の喫煙所を設置した結果。望まない受動喫煙を減らしていくということを目指し、今後とも協力関係で進めさせていただきたい」と感謝の言葉を伝えた。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本