モダンで上質、オーガニックな温もりのデンマークデザイン展

2020.10.3 08:15

ヴェアナ・パントン 椅子〈ハートコーンチェア〉 1958年 ヴィトラ 個人蔵 photo : Michael Whiteway

(写真3枚)

童話作家のアンデルセンや玩具のレゴブロック、ロイヤルコペンハーゲンの磁器などで知られる北欧のデンマーク王国。デザイン大国として知られる同国の真価を伝える『デンマーク・デザイン』展が、11月8日まで「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区)でおこなわれている。

デンマーク・デザインの特徴は、機能性と美しさを兼ね備えつつ、シンプルでモダンなことだ。モダンデザインのなかには機能美を追求するあまり人間的な温かみに欠けるものもあるが、デンマーク・デザインには当てはまらない。

それは同国が手仕事や職人技を重視した製品生産を行おこなってきたからだ。また、他国が大量生産・大量消費を前提とした産業化を推し進めるなか、その流れに乗らなかったことも独自性へと繋がっている。

本展ではデンマーク・デザイン博物館の学術協力を得て、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)など、約200点の名品を展覧。

デンマークのデザインが国際的な評価を獲得し、古典主義から機能主義、オーガニック・デザインへと変遷していく過程を、椅子、照明器具、食器、自転車などのプロダクトでたどっていく。北欧デザインが好きな人は見逃し厳禁だ。料金は一般1000円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『デンマーク・デザイン』

期間:2020年9月19日(土)~11月8日(日) 
時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで 
会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般1000円、65歳以上・大学生500円、高校生以下無料
電話:078-858-0050

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本