春風亭昇々「大阪は何か言うとみんなで取りに行ってくれる」

2020.9.30 06:15

「関学生なのに落語漬けで、全然シュッとしたキャンパスライフを送れなかった」と春風亭昇々(9月28日・大阪市内)

(写真3枚)

「イケメン落語家」と称されるルックスで注目される落語家・春風亭昇々(しゅんぷうてい・しょうしょう)。コロナの影響で延期されていた落語会『ワンダー3』が10月に開催されるのに合わせて9月28日、大阪市内で会見がおこなわれた。

千葉県出身で、東京を拠点にしている昇々だが、実は関西学院大学(以下関学)の落語研究会出身。関学を受験したのは、高校の修学旅行がきっかけだったそう。

「9.11のテロの影響で、旅行先が沖縄から神戸に変更されたんですが、なんてキレイな所なんだと。ここに住めたらいいなあと思って関学を受験したら、ほかの大学は全部落ちたけど、関学だけ合格しました」と奇遇ぶりを語る。

「『関学出身です』というと、一気に食いついてくれるので、とってもやりやすいです」と話すように、寄席に出るたびにいつも温かく迎えてくれる関西は「ホーム」だと思っているとか。

「大阪の人って、何か変なことを言っても、バレーボールみたいにみんなで取りに行ってくれるじゃないですか? ツッコミで回収しようとしてくれたりして。だから関西ではすごくしゃべりやすいし、みなさんやさしいなあと思います」と、関西愛を語った。

『ワンダー3〜小痴楽・昇々・宮治の落語』は10月15日に「松下IMPホール」(大阪市中央区)にて。チケットは3800円で、現在発売中。

取材・文・写真/吉永美和子

『ワンダー3〜小痴楽・昇々・宮治の落語』

日時:2020年10月15日(木)・18:30〜
会場:松下IMPホール
料金:3800円
電話:0570-200-888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本