高島屋で1年ぶりの北海道展、大阪と京都で同時開催

2020.9.30 12:48

大阪店で、10月7日から13日に登場する「積丹料理 ふじ鮨」の北の荒海握り4290円(各日50食限定)

(写真11枚)

「高島屋大阪店」(大阪市中央区)と「高島屋京都店」(京都市下京区)で、9月30日から約1年ぶりとなる北海道展をスタート。催事としての新たなスタイルを模索する。

同列の百貨店で、催事は巡回するため時期が異なるのが常だが、今回はあえての同時開催。「一緒に開催するので、関西に住んでいるお客さまの選択肢が増えれば。それぞれの限定商品もそろえ、北海道の魅力を幅広く伝えていくことができればと思います」と広報担当者は説明する。

大阪店では2月以来の催事となり、感染対策に向けても細心の注意を払って準備。人気催事とあって混雑する可能性が高いため、出展数も減らし、会場全体をパーテーションで囲み、混雑状況に応じて入場者数を制限。通路もこれまでの約2倍となる予定だ。

「みなさまがお楽しみにしているイートインはなんとか実現したかった」と語り、「らーめん 信玄」や「鮨処 竜敏」(〜10月6日)、「積丹料理 ふじ鮨」(10月7日〜13日)が登場。期間中は別の出入り口コーナーを設け、時間帯別の整理券を配布することで行列回避を目指す(なくなり次第受け付け終了)。

京都店で、9月30日から10月6日に登場する「札幌かに工房」の道産彩り食べ比べ弁当2700円(各日50食限定)

一方京都店では、家で楽しめるテイクアウト商品に注力。同店限定で「札幌かに工房」の「道産彩り食べ比べ弁当」(2700円・〜10月6日まで)、「パイクイーン」の「海藻バターと余市りんごのポテトキッシュ」(1個466円)などを、実演販売する。また大阪店と同じく入場制限を設けるほか、会場での滞在時間を短縮するため指定のカード会員限定で電話注文の配送をおこなう。

いずれも期間は10月13日(7日以降に一部店舗は入れ替え)まで、オンラインでも限定商品を販売。

高島屋の北海道展

『第68回 北海道展』
期間:2020年9月30日(水)〜10月13日(火)
時間:10:00〜20:00(最終日は〜17:00)
場所:高島屋大阪店7F 催会場
電話:06−6631−1101

『秋の北海道展』
期間:2020年9月30日(水)〜10月13日(火)
時間:10:00〜20:00(最終日は〜17:00)
場所:高島屋京都店7F 催会場・グランドホール
電話:075−221−8811

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本