ジャニーズ所属の「おつゆ」、M−1の1回戦を突破

2020.9.25 07:15

『M−1グランプリ2020』の1回戦を突破した「おつゆ」(左から越岡裕貴、松崎祐介)(C)M-1グランプリ事務局

(写真1枚)

『M−1グランプリ2020』に出場を決めたジャニーズ事務所所属の4人組アイドル・ふぉ~ゆ~。そのうち、今回が初挑戦となる松崎祐介と越岡裕貴によるコンビ「おつゆ」が24日、大阪会場で漫才を披露し、見事1回戦を突破した。

2019年、3回戦で敗退した福田悠太と辰巳雄大によるコンビ「つ~ゆ~」に刺激を受け、今年初チャレンジを決めた「おつゆ」。初舞台を終え、越岡は「最初は緊張したんですけど、やってるうちにめちゃくちゃ楽しくなってきて。松崎くんとちゃんと掛け合いをして楽しめたなっていう感覚です。ジャニーズらしからぬ、セクシーネタも出して、攻めてる感じでできました(笑)」とコメント。

また、松崎は「めちゃくちゃ出し切りました! あっという間に終わってしまって・・・もうちょっと立っていたいなって正直思いました。世のなかが大変な時期で、立ち上がろうとしている人がいて・・・いつもは歌って踊るという仕事をしていますが、少しでも漫才で笑いを届けられたらなっていう気持ちで臨みました。越岡くんと毎日一緒にいるのでネタをブラッシュアップしていきます!」と、2回戦に向けて意気込んだ。

一方、先輩としてのプライドをかけ、寸暇を惜しんで稽古を続けているという「つ~ゆ~」。リモートでも自主練習し、ネタは自作ですでに3パターンも準備しているとか。

2組の最新情報は、大会の公式YouTube、公式サイトで公開。また、9月30日にはニュース情報番組『キャスト』(関西ローカル)でもその模様が放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本