コロナ禍で流行…ベランピング&在宅グッズ、ルクア大阪にも

2020.9.21 09:15

おうちキャンプグッズも充実の「A&F COUNTRY」

(写真9枚)

梅田の商業施設「ルクアイーレ」(大阪市北区)にアウトドアゾーン「ルクア アウトドア フロム アルビ」が18日、登場。本格的なキャンプ道具はもちろん、コロナ禍で注目されている「おうちキャンプ」や「ベランピング」に使えるグッズも多数取り揃えられている。

ここ数年、キャンプを題材にした漫画やドラマの影響もあり、人気が上昇し続けているアウトドア。新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増えたことで、室内にテントを張るアイデアがSNS上で話題になったほか、ベランダを活用するベランピングなどのワードがハッシュタグ化されるなど、これまでアウトドアに馴染みがなかった人たちからも多く注目されている。

初心者にも使いやすいアウトドア用品を多数セレクトするのは「A&F COUNTRY」。ベランピングにぴったりなのは、折り畳み式の「タクティカルチェア/ヘリノックス」(11000円/ミニ)と、「タクティカルテーブル/ヘリノックス」(14500円/S)だそう。

椅子とテーブルどちらも簡単に組み立てられ、収納に場所を取らず、軽いので持ち運びにも便利。サイズのバリエーションも豊富なので、目的や場所に応じたサイズを選ぶことができる。

コロナ禍で売り上げが伸びたという「スノーピーク」のTake!チェア ロング(首もたれは別)

人気アウトドアブランド「スノーピーク」では、コロナ禍で「Take!チェア ロング」(19800円)が大ヒット。深めの造りで座り心地の良さはもちろん、白を基調としたデザインでインテリアにも馴染みやすいこと、また折りたたんで収納・持ち運びでき、洗濯も可能であることなども人気の理由だという。

そのほか、「緊急事態宣言中に『テレワークセット』を販売したのですが、かなり人気でした。チェア類は室内でも使いやすいデザインのものが特に人気です」(広報担当者)と、コロナ禍における売れ筋を話す。

そのほかにも、「モンベル」や「野良道具製作所」など同施設6階フロア内の各店にて、おうちキャンプやベランピングにも使える機能的なアウトドアグッズが販売されている。営業時間は10時半〜20時半。

取材・写真/野村真帆

「LUCUA OUTDOOR from ALBi」

2020年9月18日(金)オープン
住所:大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ6F
営業:10:30〜20:30

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本