半沢直樹の生放送特番も高視聴率、堺雅人のギャップに驚く声

2020.9.7 20:45

『日曜劇場 半沢直樹』

(写真1枚)

新型コロナウイルスの影響により撮影に遅れが生じ、急きょ13日に延期となったドラマ『半沢直樹』(MBS)の第8話。

それに代わり6日、1時間の特番『生放送!!半沢直樹の恩返し』が放送され、関西地区では平均世帯視聴率24.2%(ビデオリサーチ調べ)を獲得。シリーズ初回の視聴率23.3%を上回る結果となった(関東地区は22.2%)。

この日は異例のトーク中心の番組構成となり、半沢直樹役の堺雅人をはじめ、香川照之、及川光博、片岡愛之助、児島一哉(アンジャッシュ)らキャストが登場。これまで放送された番組の名シーンの裏話や視聴者からの質問に、番組演出の福澤克雄氏も交えて和気あいあいとしたトークを繰り広げた。

『半沢直樹』第8話「闇の真相 不正の証拠を掴め!!」予告

視聴者に強烈なインパクトを与えた第2話で大和田(香川)が半沢に対し、「お・し・ま・い・DEATH!」と首を掻っ切るジェスチャーを決めたシーンを振りかえり、香川のアドリブだったことや、堺が笑いを堪える未公開シーンも放出。

ほか、歌舞伎俳優が複数出演している同作ならではのシーンの裏話や、黒崎(片岡)が今シーズンから半沢を「直樹」と呼び始めた理由、渡真利(及川)が実は妖精なのではないかと噂されている件など、貴重なエピソードにSNSでは、「裏話が聞けるの最高」「もう一回本編を見直そう」など好評。

なかでも、終始笑顔でトークしたり、ポーズを決めたりとおちゃめな堺雅人に対し、半沢直樹を演じているときとのギャップに驚く人が続出。「堺さんってこんなにかわいいの・・・?」「座り方が萌えすぎる」「今日の放送で好きにならない人いないよね?」など困惑する声があがっている。延期された第8話は、9月13日・21時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本