大阪府が5000円以上の食事に2000P還元、ミナミは倍

2020.9.2 20:45

大阪府の支援策『「少人数利用」飲食店応援キャンペーン』の概要(9月2日・大阪府庁)

(写真3枚)

大阪府が9月2日、経済支援策のひとつとして飲食店利用者へのポイント還元施策を発表。約14億円の予算を投下し、感染症対策をおこなう府内の飲食店を支援する。

対象となる店舗は、感染防止宣言ステッカーと大阪コロナ追跡システムを導入している府内の店舗。還元されるのは、15時以降の夕食の時間帯を予約し、実際に飲食をしたグループとなる。

今回の支援策は、対象となる店舗で合計5000円以上の食事を専用のグルメサイトで予約して、4人以下で飲食したグループに2000円分(ミナミの一部区域は4000円分)のポイントが還元されるもの。

キャンペーンに参加する店舗は、専用のグルメサイトへの登録が必要。協力するグルメサイトは、9月3日から公募が始まるため現在は未定で、複数サイトが参加する可能性もあるという。

なお、ミナミの一部区域(長堀通、千日前通、御堂筋、堺筋に囲まれた区域)の飲食店に対して還元率が優遇されるのは、府が8月のお盆前後に休業・時間短縮を要請していたことによる経済的ダメージが特に大きかったため。追加還元は、大阪市の予算負担とのこと。

大阪府の支援策『「少人数利用」飲食店応援キャンペーン』は、9月中旬から12月末までの予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本