特命部長に、どんどんと昇進するハニワ部長

2020.8.26 16:45

宴会部長のよう…と、タスキをかけるハニワ特命部長(8月26日・堺市内)

(写真4枚)

「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産登録1周年を迎え、広報として活躍してきたハニワ部長・CHO(チーフハニワオフィサー)が「市長直轄 特命部長」に昇格。8月26日、「堺市役所」(堺市堺区)で辞令交付がおこなわれた。

ハニワ課長として活動し、2019年に部長に就任。その際に目標としていた「SNSで2万いいね獲得」、「ハニワ部長のグッズを民間企業に20種類販売してもらう」ことを達成した功績が認められたことで昇格が実現したという。

永藤英機堺市長からは、「今後は、百舌鳥・古市古墳群だけでなく、埋もれた堺の魅力を発掘していってほしい。グッズも50種類、100種類と目指してください。新型コロナウイルス対策などについても子どもたちにもわかるようにゆるい感じで発信してほしい」と、激励を受けた。

ハニワ部長は「今後の目標は・・・」と、困りつつも、「市長直轄ということで身が引き締まる思いです。これからワクワク、土器土器(ドキドキ)でいっぱいです」と、恥ずかしそうに宣言した。今後、感染防止対策としてフェイスシールドを着用して活動し、SNSで情報を引き続き発信していくとのこと。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本