桑田佳祐が新曲を書き下ろし、アドリブ交えテレビCMに出演

2020.8.21 07:15

「SOMPOホールディングス」のCMより、料理に挑戦する桑田佳祐

(写真2枚)

ミュージシャン・桑田佳祐が、「SOMPOホールディングス」(本店:東京都新宿区/社長:櫻田謙悟)のテレビCMに出演。同CMのために書き下ろされた新曲『金目鯛の煮つけ』をバックに、8月20日からサラリーマンを演じる桑田の姿が放映されている。

新テレビCM「腕まくり」篇は、桑田扮するサラリーマンの主人公が、仕事で帰宅が遅くなる奥さんのために手料理を振る舞うというストーリー。仕事帰り、ふと目にした「金目鯛 お待たせしました」の文字に心惹かれた彼が、レシピ片手に作った料理を奥さんに食べさせる様子が描かれている。

撮影当日は、自然な動きや表情の演技でどのカットも1~2テイクでOKとなるなど、スムーズに進行。監督が細かく出す演出指示に応えながら、ときには自らアドリブをする場面もあったという。

CMソングとなる『金目鯛の煮つけ』の作詞・作曲を手がけたのは、もちろん桑田本人。「コロナ禍で厳しい環境にある現在でも、何気ない日常やささやかな幸せに感謝しながら、どんなときも笑顔で生きていきたい」というメッセージが込められた。

ラストシーンでは、お茶が入った湯呑みと間違えて醤油さしを手に取ってしまうなど、ユーモアも交えたこのCM。15秒と30秒の2パターンあり、全国で放映される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本