地元の家族ウェルカム、大阪の観光名所が小学生以下無料に

2020.8.8 14:15

地上173mの展望台から見える景色

(写真6枚)

観光客に人気の梅田スカイビル「空中庭園展望台」(大阪市北区)が、地元の人々が家族で訪れやすいよう小学生以下は無料に。8月8日から期間限定となる。

1993年に、世界初の連結超高層建築として誕生し、2008年に英紙の『THE TIMES』で「世界の建築TOP20」に選ばれた同施設。一時は7割以上が海外からの観光客で、混雑するほど注目を集める施設となっていた。

また、2018年には25周年を記念して、「雲の上」を演出するため空間を一新。「写真映え」な空間となっていたが、地元の人々にとって訪れる機会が少ない場所でもあり、知られていないことも。

そこで、今年は新型コロナウイルスの影響で、旅行や帰省を自粛する家族が多く、夏休みが縮小されてしまった子どもたちに対して「のびのびと開放的な気分を味わってほしい」とキャンペーンを企画。本来であれば4歳〜小学生は700円のところ、8月24日まで無料となる。

宇宙船が飛び立った後をイメージした建築をはじめ、視界の良い日は淡路島や明石海峡大橋まで見える絶景を地上173mから楽しむことができる。一般料金は1500円。営業時間は朝の9時半〜22時半。

「空中庭園展望台」

住所:大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル39・40F&屋上
営業:9:30〜22:30(最終入場22:00)
料金:1500円、4歳〜小学生700円(2020年8月8日〜24日は小学生以下無料)
電話:06-6440-3855

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本