フジモン、俳句タイトル戦で優勝「生きてたら良いことある」

2020.8.8 19:15

俳句タイトル戦で優勝したFUJIWARA藤本(写真提供:MBS)

(写真1枚)

浜田雅功がMCをつとめるバラエティ番組『プレバト!!』(MBS)。8月6日放送回が、関西地区15.0%、関東地区12.6%の高視聴率で、東西ともに同時間帯 1 位を獲得した。

この日は、俳句の名人・特待生のみが参戦することができる夏のタイトル戦『炎帝戦』の決勝を放送。今回は予選から決勝まで過去最多の21名が参戦した。

予選を勝ち上がったフルーツポンチ・村上健志(10段)、立川志らく(3段)、Kis−My−Ft2・千賀健永(2段)、千原ジュニア(初段)、三遊亭円楽(1級)の5名が、予選免除の永世名人・梅沢富美男、東国原英夫(10段)、FUJIWARA・藤本敏史(10段)、中田喜子(4段)、岩永徹也(2級)らと激突。

優勝大本命と思われていた村上や東国原が序盤で優勝争いから脱落してしまうなど、大波乱の展開となった。

この回の毎分世帯最高視聴率は、東西とも番組クライマックス。関西では19時58分で18.3%を記録し、藤本が3年ぶりにタイトル戦の優勝トロフィーを受け取り、「生きてたら良いことあるな~」とうれしさをにじませ、しみじみとコメントした瞬間だった。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本