延期されていたドロヘドロ原画展、大阪開催が8月に決定

2020.8.2 19:15

『ドロヘドロ原画展〜林田球の世界〜』公式サイトより (C)林田球/小学館

(写真2枚)

林田球原作のマンガ『ドロヘドロ』のテレビアニメ化を記念した原画展が8月、「大丸梅田店」(大阪市北区)内の大丸ミュージアムで開催される。

2020年1月から3月までTOKYO MXで放送され、「おもしろい」「ハマった」「アニメ終わっちゃったの悲しい」など、ネット上にも賞賛の声があがった同アニメ。

舞台は魔法が使える世界で、顔をトカゲに変えられた記憶喪失の男が、自分の顔と記憶を取り戻す姿を描いたファンタジー作品だ。

グロテスクな描写ながらも、愛らしいキャラクターらの物語に、引き込まれる人が多く、熱狂的なファンを獲得。

原作は、2000年に『月刊IKKI』(小学館)で連載が始まり、2018年の最終回まで18年にわたって愛され続けた。

今回の原画展は、テレビアニメ化を記念し『ドロヘドロ』の連載から現在までを辿る、林田球初の大規模原画展。2月に東京で開催され、その迫力ある画力でファンを魅了した。

当初5月に予定されていた大阪開催は、新型コロナウイルスの影響で延期。約3カ月経ち、ようやく8月5日から17日までの開催となった。

『ドロヘドロ原画展〜林田球の世界〜』のチケットは、一般900円、大学・高校生700円、中学生500円で、ミニキャンバス(ミニイーゼル付き)の特典付き入場券も発売中(数量限定)。

『ドロヘドロ原画展〜林田球の世界〜』

日程:2020年8月5日(水)〜17日(月)
会場:大丸ミュージアム(大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店15F)
料金:一般900円、大学・高校生700円、中学生500円
電話:06-6343-1231(代表)
(C)林田球/小学館

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本