三谷幸喜と香取慎吾のドラマ、配信日が決定 初映像も解禁に

2020.7.31 06:15

舎人真一(香取慎吾)

(写真1枚)

脚本・監督の三谷幸喜と俳優・香取慎吾がタッグを組むドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、Amazon Prime Videoでプライム会員向けに独占配信。その配信日が9月18日に決定した。

同ドラマは香取と三谷のプロジェクトにAmazonが企画から参加し製作した、日本オリジナルドラマシリーズの記念すべき第1弾。三谷の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取のユーモラスな演技で、舞台でもなくテレビドラマでもない全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンタテインメントになっているという。

内容は、何をやってもドジばかりで予想もしない失敗を繰り返す主人公の舎人真一(香取)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から、そんな真一の生活をのぞき見するのをひそかな楽しみとしている隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)を中心に巻き起こるドタバタを描いたシットコム(シチュエーションコメディの略)。

これまでも「おっはー」で流行語大賞を受賞した慎吾ママや、ドラマ『西遊記』の孫悟空、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両津勘吉など、個性豊か且つ強烈なキャラクターを演じてきた香取。そんな彼が今回演じる、ユーモアたっぷりで一風変わった舎人真一の魅力は、この度解禁された初映像でも垣間見ることができる。

三谷は「舎人真一くんは、ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかったのですが、そんな役を演じられる俳優は日本に一体何人いるんだろうと思います。喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」と、香取のユーモアたっぷりの演技を大絶賛。

そして香取も「三谷さんの作品だと周りに振り回される役が多かったのですが、今回は舎人がトラブルメーカーみたいな役だったので僕にとっても挑戦でした」と明かしており、香取にとっても演技人生初のキャラクターになったようだ。

同作は2020年9月18日、Amazon Prime Videoにて独占配信。公式インスタグラム、ツイッターも開設されている。

Amazon Original 新ドラマシリーズ『誰かが、見ている』

2020 年9月18日(金)Amazon Prime Video にて独占配信
脚本/演出:三谷幸喜
出演:香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本