『鬼滅の刃』撮影スポット多数の奈良、盛り上がるコスプレ

2020.7.26 21:15

主人公・炭治郎が兄弟子(錆兎/さびと)との勝負で、師から言われた巨石を切るシーンを再現(提供:柳生観光協会)

(写真10枚)

宮司が聖地を発信!人気キャラ・我妻善逸の大技を再現

コスプレイヤーである銀とき子さんは、人気上位キャラ・我妻善逸や医者として人間界になじむ美貌のキャラ、珠代などのキャラクターとして奈良県内各所で撮影を楽しむ。その彼女が、善逸姿で、神社に許可を得て、新たな聖地として広めたのが「葛木坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)」(奈良県葛城市)だ。

御祭神の一柱『火雷大神』と技の名前が同じ、人気キャラ・我妻善逸のコスプレをする銀とき子さん(提供:銀とき子)

主祭神の一柱は、『火雷大神(ほのいかずちのおおかみ)』で、雷神であり火神。我妻が編み出した最終奥義「雷の呼吸漆ノ型火雷神」と名前が同じということで、社号前で技を繰り出すと、加工しなくても技名が浮き上がって漫画のシーンを再現できる。

「この神社の宮司様が『鬼滅の刃』のファンなんですよ」と銀さん。葛城市観光協会の西川さんも、「宮司様がSNSで鬼滅の刃コスプレで撮影したらおもしろいと発信されていて、そこにコスプレイヤーさん(銀さん)が実践してくれた。これがきっかけで葛城市内を知ってもらえて、ありがたいです」と好意的だ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本