USJ、全国から受け入れ開始…久々の来場にマスク越し笑顔

2020.7.20 17:15

キャラクターともソーシャルディスタンスを保って写真撮影(20日・大阪市此花区)

(写真17枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)が20日、居住地域制限を解除し、全国からのゲストの受け入れを再開。新型コロナウイルスの感染が再度広がるなかでのスタートに、柔軟な対応ができるようさまざまな対策も発表された。

6月8日から段階的に営業再開をおこなってきた同パーク。今月9日までの約1カ月間は関西2府4県と年パス保持者のみの来場ができたが、10日からは東海地方など関西に隣接する地域へと拡大。そして20日からは、首都圏をはじめ日本全国のゲストが楽しめるように。

しかし新型コロナウイルスの感染者が再度増加していることを鑑み、通常200円の手数料がかかる予約変更を、来場予定日の翌日から90日間は無料でおこなうと発表。

また、22日からスタートする「Go To トラベルキャンペーン」で東京発着の旅行が利用対象外となったことを受け、東京在住者に限って来場予定日の翌日から1年間来場予定日を無料で変更できるという。

今回の営業対象の全国拡大について、同パークの執行役員副社長・村山卓氏は、「全国へと営業対象を拡大したが、(来場するか)柔軟に判断できるよう策を打った。またパーク内だけでなく、往復の電車やホテルなど、ゲストのみなさま一人ひとりに安全意識の高い行動をしていただければうれしい」と話す。

開場後の様子(20日・大阪市此花区)

愛知県から友人と来場した20代女性は、「半年ぶりに来られてうれしいですが、人が少なくて寂しい。消毒液がたくさん置いてあるし、自分たちでも消毒液を持ってきたので、感染予防をしっかりしながら楽しみたいです」と、以前とは違うパークの様子に戸惑いつつも、久々の来場にマスク越しで笑顔を見せた。

パーク内では各所にアルコール消毒液が配置されているほか、フィジカルディスタンスがとれるようさまざまな場所に案内が設けられてる。また、8月7日からはオリジナルマスクの販売もスタートするなど、ウィズコロナのなかでも安心して遊べるよう配慮されている。

取材・写真/野村真帆

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本