淡路島に「楽天」のコンテナ宿、BBQでリゾート気分

2020.7.18 08:15

コンテナを改装した客室。二段ベッドなどがあり、大人数で宿泊できる

(写真4枚)

宿泊施設「Rakuten STAY VILLA 淡路」(兵庫県南あわじ市)が7月17日にオープン。一棟貸し切りのヴィラタイプとなり、デッキでBBQなどを楽しめる。

「楽天LIFULL STAY」(東京都千代田区)がブランディングと運用代行をおこなう同施設。全8棟ある客室はコンテナを改装しており、広さは64平米〜73平米。室内に二段ベッドがあったり、最大9名まで宿泊できる。

セルフチェックイン端末「安心ステイIoT」で入室し、室内には調理器具、電子レンジなどを完備するキッチン、アウトドアデッキにはバーベキューグリルもあるので他者と接触することなく宿泊を楽しむことも可能。

ジャグジーバスに浸かったり、部屋によっては屋上デッキがあるので、星空を眺めたり。また、室内にはプロジェクター付きシーリングライト(popIn Aladdin)も設置され、映像や旅の写真を壁などに映し出して、各棟でゆったり時間を過ごせるように工夫されている。

近隣には、夕陽が美しい「慶野松原海水浴場」(2020年シーズンは閉鎖)もあり、リゾート気分を味わえる立地となっている。宿泊料金は利用人数により異なる。

「Rakuten STAY VILLA 淡路」

2020年7月17日(金)オープン
住所:兵庫県南あわじ市松帆古津路886-2

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本