人気博した『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』、神戸で開幕

2020.7.3 08:45

「森」の部屋では、400着の服を年代をミックスしランダムに展示。展示数は東京都現代美術館よりも多い

(写真6枚)

ファッションブランドとデザイナーに焦点を当て、東京で約14万人を動員した展覧会『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』。7月3日から「兵庫県立美術館」(神戸市中央区)でスタートする。

流行に左右されることがない「特別な日常服」をコンセプトに、日本の職人や工場と深い関係性を紡ぐ「ミナ ペルホネン」デザイナーの皆川明氏。1995年に「せめて100年つづくブランドに」と誕生し(当時はミナ)、はや四半世紀で着実にファンが増え続けている。

今回の展覧会では、これからの100年を見据えた同ブランドの「つづく」がテーマとなっており、つながる、重ねる、循環するなど、ものごとが連鎖して何かを生み出していく姿勢が、9つのエリアで紹介される。

代表的なデザイン「タンバリン」にフォーカスした展示室「実」、設立当初から現在に至るまで約25年の服から400着以上コーディネイトした「森」、ものづくりの哲学やアイデアを紹介する「種」など。また、実際に服を着ている人たちの思いにまで着目しており、単に衣服という概念にとどまらない「大切な存在」であることが伝わってくる。

神戸展では、東京よりも展示数が増え、今回のために3日かけて描いた新作も登場。併設するショップでは、生地のカケラをつなぎ合わせたpiece bagやブックカバーのほか、Tシャツなど展覧会限定のアイテムも販売。期間は11月8日まで。日時指定による事前予約制で、料金は一般1400円ほか。

取材・文/いなだみほ

展覧会『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』

期間:2020年7月3日(金)~11月8日(日)
※月曜休館(8/10、9/21は開館、8/11、9/23は休館
※会期等が変更になる可能性あり
会場:兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通脇浜海岸通1-1-1 HAT神戸内)
料金:一般1400円、大学生・専門学校生1000円、高校生以下は無料
電話:078-262-0901(代表)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本