吉川晃司、主演ドラマ曲を書き下ろし…歌詞はわずか2行

2020.6.8 19:15

吉川晃司

(写真3枚)

6月16日からスタートする、5週連続の特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)のテーマ曲が、主演を務める吉川晃司の新曲『Brave Arrow』と『焚き火』に決定した。

楽曲はいずれもドラマのために書き下ろされた新曲で、「都会という荒野を彷徨うカウボーイ」という、役を演じるうえでも吉川が大切にしていた「由利麟太郎」のイメージを意識して制作されたという。

メインテーマ『Brave Arrow』はサスペンス調のインスト楽曲で、ドラマのミステリー感を表現。ハードボイルドにも通じる硬質なギターと妖しいドブロギターの音色が印象的で、ブルージーなロックテイストもにじむ。

一方エンディングテーマ『焚き火』は、カントリー&ウエスタン調の楽曲で由利の孤高感を表現。歌詞はわずか2行のみで、ほぼ全編がスキャット(「ラララ」「ルルル」「シュビドゥワ」といった歌詞の代わりに意味のない音声で即興的にメロディーを歌うこと)という、吉川にとっても初の試みが取り入れられている。

吉川は、「スキャットは自分のスタジオでデモテープを録ったときにラフに歌ったままのものなんです。スタジオできっちり歌ったら、あの雰囲気は出せませんから。イメージとしては由利麟太郎が歌っている感じです」とコメント。

書き下ろした2曲について、「あくまでもドラマに合った曲をという意識で制作にのぞみました。映像作品にプラスの要素をもたらす楽曲でなければ、本末転倒ですから。そこに吉川晃司のイメージは必要ない。ドラマを制作されている方がイメージしている理想の曲の延長線上で、できることならばよりパワーアップできるようにと務めました」と語った。

これらの2曲は、ドラマ初回放送日に合わせ、6月16日に配信限定シングルとしてリリースされる。

吉川晃司 配信限定シングル『Brave Arrow/焚き火』

2020年6月16日(火)配信スタート

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本