大阪の人気・韓国料理サムゲタン専門店、京都に初出店

2020.5.31 22:28

「韓味一」を味を受け継ぐ参鶏湯

(写真3枚)

韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)専門店「韓国食堂 入ル」(大阪市福島区)が、京都に初出店。5月7日に開業するものの時短営業となり、5月25日から通常営業をおこなっている。

大阪・鶴橋の予約がとれない「韓味一」の二代目である山崎一が大阪・福島と東京・渋谷で手がける「入ル」系列の姉妹店にあたる「韓国食堂 入ル ゴショミナミ」(京都市中京区)。韓国調理技能士一級の免許を女性として初めて取得した朴 三淳が生み出し、通常であればコース料理のひとつとしてしか味わえない参鶏湯を気軽に味わえるのが特徴だ。

同店の参鶏湯は、もち米を詰めた鶏と高麗人参やナツメなど薬膳の要素を取り入れたスープのやさしく、味わい深い味わいが魅力。1人前1980円(税込)のほか、キムチやナムルなどのアラカルトメニューも楽しめる。

今回は通常営業を始めるにあたって、「アフターコロナ・ウィズコロナを意識したこれからの飲食店の模範的存在となる店を目指していけたら」と、入店後すぐに手を洗えるように手洗い場を設置。そのほか個室が換気できるように窓際に設置し、カウンターや座椅子席なども席間を広く設けている。営業時間は17時〜23時。場所は地下鉄烏丸御池駅から徒歩約5分、両替町通押小路上る。

「韓国食堂 入ル ゴショミナミ」

住所:京都市中京区金吹町478-1
営業:17:00〜23:00・月曜休
電話:075-807-8117

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本