ゲス極・川谷絵音、初のソロ名義含む3曲を同時配信

2020.5.29 12:15

ゲスの極み乙女。(真ん中が川谷絵音)

(写真5枚)

ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が、3つのプロジェクトで楽曲を発表。29日、デジタル配信が開始された。

配信されたのは、外出自粛期間に制作されたという初のソロ名義「Enon Kawatani」の『STAY HOME』。これはゴールデンウィーク中にラジオ番組内で発表された楽曲で、ファンのなかで話題となっていた1曲だ。

そして、川谷がプロデュースを務め休日課長が率いるバンド・DADARAYの『ハートの合図』。この春予定されていたツアーが中止となったことにより急遽リリースされることとなった。

3曲目は、最新アルバム『ストリーミング、CD、レコード』をリリースしたばかりのゲスの極み乙女。から、2014年にシングル『猟奇的なキスを私にして/アソビ』の購入者特典CDでのみ発表されていた『もう全部終わりにしよう』。今この時期だから響くメッセージの楽曲ということでデジタルリリースされることとなった。

ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイ、ichikoroなどさまざまなプロジェクトで活動をしている川谷。近日中にほかのリリースも予定しているとのこと。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本