感染症対策で入館を予約、悲劇のアーティスト・メスキータ展

2020.5.27 06:15

《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》 1922年 木版 個人蔵 Photo:J&M Zweerts

(写真6枚)

19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家・版画家・デザイナーのサミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868〜1944)。彼の日本初の回顧展が「西宮市大谷記念美術館」で6月1日よりおこなわれる。

開催が延期になっていた同展は、先の東京展で約4万8千人を動員し話題に。同館の再開にともない6月27日までの会期となるが、電話で日時を予約しての観覧となり、1日の入館者は500名までに抑えるという。予約は5月15日より受付中で、入館希望日時の1時間前まで。

《ユリ》第3ステート(全5ステートのうち) 1916-17年 木版 個人蔵 Photo: J&M Zweerts

メスキータはポルトガル系ユダヤ人家庭に生まれた。学生時代に建築、エッチング、バティック(ろうけつ染)、木版画などを学び、卒業後は画家、版画家、装飾美術のデザイナーとして活躍する。また、美術学校で多くの学生を指導しており、だまし絵で世界的に有名なM.C.エッシャーもその一人である。

メスキータ作品の最大の魅力は、木版画に見られる力強さだ。切れ味鋭い線描、大胆な構図、明暗の強烈なコントラストを、装飾性と共に表現している。また、ドローイングではシュルレアリスムのオートマティズム(自動筆記)や表現主義に通じる作風を示しており、この分野の先駆者と言える。

ユダヤ人だったメスキータは、1944年1月31日に妻、息子とともにナチスに拘束され、同年2月11日にアウシュヴィッツで殺されている。アトリエに残された膨大な作品はエッシャーや友人たちが決死の覚悟で救出し、戦時中も命がけで守り抜いた。近年、彼のカタログレゾネ(全作品目録)が出版されるなど、ヨーロッパで再評価が進んでおり、本展はその機運を受けての開催となる。料金は一般1000円。公式サイトには、学芸員による作品解説動画も。

文/小吹隆文(美術ライター)

『メスキータ展』

期間:2020年6月1日(月)〜6月27日(土)※水曜休 
時間:10:00〜17:00  
会場:西宮市大谷記念美術館(兵庫県西宮市中浜町4-38)
料金:一般1000円、大高生600円、中小生400円
電話:0798-33-0164
※入館は事前に電話予約が必要です(日・水曜休、〜5/31)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本