大型連休に合わせ、関西の主要ホテルも休業

2020.4.26 07:00

「あべのハルカス」内にある「大阪マリオット都ホテル」

(写真1枚)

大型連休がはじまり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため関西の主要ホテルも次々と休業を発表している。

4月25日から5月31日まで、一部施設の臨時休業を発表したのは「近鉄・都ホテルズ」(大阪市天王寺区)。「大阪マリオット都ホテル」をはじめ、「ウェスティン都ホテル京都」「都シティ 近鉄京都駅」(4月22日〜)などが、「緊急事態宣言」の自粛要請期間5月6日以降も休業することで、お客と従業員の安全と健康を守るための取り組みをおこなう。

さらに、「グランドプリンスホテル京都」、「グランドプリンスホテル京都」(4月27日から)、「ホテル阪急レスパイア大阪」「新阪急ホテルアネックス」「梅田OSホテル」、「ホテル日航奈良」も同様に5月31日まで休業としている。

そのほかにも、「琵琶湖マリオットホテル」、「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル」を4月20日から5月6日まで休業。また、通常時は観光客が多い、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」周辺、有馬温泉一帯の宿泊施設も軒並み休業しており、一部施設の再開日は未定となっている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本