「支えと後押しができれば」と舞台関係の支援基金が設立

2020.4.23 18:00

4月28日に立ち上がる公益基金「新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund」イメージビジュアル

(写真2枚)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止により、活動停止を余儀なくされた舞台芸術関係者ら。現在は動画配信など独自の活動を続ける彼らを支援するため、舞台公演に携わる企業による公益基金の設立が、4月23日に発表された。

基金を設立したのは、舞台公演製作会社「conSept」(代表:宋元燮/本社:東京都世田谷区)と舞台公演投資会社「杉本事務所」(代表:杉本宏/本社:東京都中央区)の2社。この公益基金では、舞台芸術に携わる出演者・クリエイター・スタッフ(個人、団体問わず)らに対して、今後の活動に必要な資金を助成するという。

クラウドファンディングサイト「モーションギャラリー」上で申し込みを受け付けるが、公益基金である事からリターンは税制優遇措置を受けられる領収書の発行のみ。また、募金目標額である1億円に達しなくてもプロジェクトは成立するとのこと。

両社によると、「今回敢えて公益基金としたのは舞台ファンのみならず、よりたくさんの方に支援していただきたいため。多額の支援金を特定のアーティストなどに集約して助成せず、できるだけ多くの舞台関係者に支援が行き届くようにしたい」という。

「今も多くの舞台関係者が、SNSやYouTubeを通して世のなかを鼓舞したり、慰めたり、安らぎを提供するための努力を続けています。それらすべては本来対価が支払われて成り立つものですが、今は対価を求めにくい状況下。ほんの少しでもそんな彼らへの支えと後押しが出来れば」と、本基金設立に至った経緯を説明する。

「全世界が苦境に立たされている状況ではありますが、これまで少しでもエンタメや舞台芸術によって楽しみを得たり、思い出を持つ事ができたと思われる方は、舞台芸術を未来に繋げられるよう応援していただけますと幸いです」と呼びかけている。

なお、この公益基金の賛同者の代表として、脚本家・演出家の板垣恭一、俳優の伊礼彼方が参加。募金サイトは4月28日に公開予定で、詳細は公式サイトにて。

公益基金『新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund』

公開予定日:2020年4月28日(火)
※リンクが有効になるのは公開予定日以降

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本