大阪・舞洲、絶景の『ネモフィラ祭り2020』中止に

2020.4.15 19:00

現在のネモフィラの様子(4月14日撮影)

(写真4枚)

「大阪まいしまシーサイドパーク」(大阪市此花区)が14日、小さな青い花が一面に咲く『ネモフィラ祭り2020』の開催中止を発表した。

「大阪舞洲ゆり園」の跡地である同園で、2019年から開催している同企画。大阪湾を望む敷地に約100万株のネモフィラが咲き誇る様子が「SNS映えする」と話題を呼び、若い世代からも人気に。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止として、4月7日からの開園を延期していたが、発令された「緊急事態宣言」を受けて5月10日までの開催を断念した。

イベントを運営する「ピーエスジェイコーポレーション」(大阪府河内長野市)は、「今咲いているネモフィラは、土の準備から始まり、約1年かけて育ててきたもの。見頃のピークを控え、昨年同様にきれいに咲いてるので残念でなりません。準備費用を考えても大きな痛手です」と語る。

この開花状況を楽しんでもらうべく、公式サイトでは園内の動画を公開中。また、販売予定だった公式キャラクター「ネモにゃん」のグッズを扱うオンラインショップを4月中に開設予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本