南海・和歌山市駅直結のキーノ和歌山、4月下旬開業へ

2020.4.3 13:00

1・2階部分の外観に紀州材を用いるなど「和歌山の新しい玄関口」をイメージしたデザインの複合施設「キーノ和歌山」

(写真5枚)

南海電鉄「和歌山市駅」直結の複合施設「キーノ和歌山」(和歌山県和歌山市)が、4月24日にグランドオープン。施設内の商業ゾーンと「和歌山市民図書館」が同時に開業する。

「和歌山市駅」を中心とする市街地再開発事業として、建設が進められてきた同施設。すでに先行開業しているオフィス棟と駐車場棟に加え、今春オープンの商業ゾーン、ホテル、公益施設棟で構成される。

商業ゾーンには全29店舗が出店(全国初出店3店舗、和歌山県初出店5店舗、新業態4店舗)。1階は、高品質の生鮮食品を扱う専門店やグロッサリー、産地直送ブースを設けた新業態のスーパーマーケットが中心となる。

2階は、和歌山ならではのローカルグルメも楽しめるレストランフロア。3階は美と健康をテーマとし、医院と調剤薬局が揃うクリニックゾーンのほか、フィットネスジムなどが集結する。

また「和歌山市民図書館」は、TSUTAYAを展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(代表:増田宗昭)が運営する関西初の市民図書館。一般図書のエリアに加え、1階には「蔦屋書店」と「スターバックスコーヒー」が併設される4階建てだ。

学習スペースや専門書の配架、知育玩具を常設した子育て支援フロア、芝生で読書や飲食を楽しめる屋上など、各階ごとに特色あるフロアとなっている。

営業時間は物販フロアは朝10時から夜9時、飲食フロアは昼11時から夜10時。市民図書館は朝9時から夜9時まで(年中無休)。また、ホテル「カンデオホテルズ和歌山」は4月30日オープン予定。

文/たなかゆうこ

「キーノ和歌山」

2020年4月24日(金)オープン(一部店舗、ホテル除く)
住所:和歌山県和歌山市東蔵前丁39

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本