熱狂的ファンが作ったカレー店「悟りを開きたい」と奈良に

2020.3.3 12:00

「奈良をカレーの総本山にする!」という熱い想いを持つ店主の吉村萌々さん

(写真6枚)

カレーの名店が点在する奈良県に2月29日、「カレーの狂信的ファン」を自称するカレーマニアの女性による奈良市内初のネパールカレー専門店「菩薩咖喱(ぼさつカリー)」(奈良市北袋町)がオープンした。

奈良県出身の店主・吉村萌々(もも)さん(25歳)は、元々カレー好きで、学生時代から関西圏を中心に100軒以上を食べ歩き。それに加え、「毎日カレーを作って研究するほど、情熱を込めてカレー道を邁進してきました」と話す。

彼女の夢は、「奈良をカレーの総本山にする」こと。「奈良にもカレーの名店があるのに大阪ほど名物になっていない。ほかのお店と一緒に奈良をカレーで盛り上げられれば」という思いを持つ。

店名の「菩薩咖喱(ぼさつカリー)」の「菩薩」には、「カレーというジャンルのなかで悟りを開きたい」「真摯に修業を重ねていく」という謙虚な気持ちと決意が込めらた。

メニューは、ネパールの家庭料理「ダルバート」という豆(ダル)のカレー、米飯(バート)、アッチャール(副菜、漬物など)がセットになったもの。

看板メニューの「ダルバートセット」(1200円)は、チキンカレー(菩薩チキン)と豆スープに週替わりのカレーがセット。なかでもチキンは、通常よりトマトの量を多めに入れており、辛みのなかにまろやかな酸味と旨味がある。さらに季節の野菜を使用した約10種類もの副菜が豊富な点もこだわりだという。

食べ方は、まずはそれぞれの味を楽しみ、そのあとに3種類のカレーと副菜をすべてグチャグチャにして一緒に食べるというネパール式。吉村さんは、「全部混ぜることで、味と食感が一体となり、かつ、一口一口に変化が出て楽しめます」と説明する。営業は、昼11時から夕方5時まで(水・木曜休)。

取材・文・写真/いずみゆか

「菩薩咖喱」

住所:奈良市北袋町7
時間:11:00~17:00(水・木曜休)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本