柚子やライムの爽やかクラフトビール2種、京都で限定発売

2020.3.25 21:00

「与謝野の春」(レギュラーグラス1杯・930円)

(写真3枚)

醸造所が併設されたレストラン「スプリングバレーブルワリー京都」(京都市中京区)に、爽やかな春を感じられる限定クラフトビール2種が登場。3月27日から発売される。

1つ目は、京都府与謝野町産のホップと京都府亀岡産の麦芽に加え、柚子とコリアンダーを使った「与謝野の春」。麦芽の甘みに、柑橘のような香りのホップと柚子が調和し、春らしい味覚に仕上がっているという。

さらに、京都で採れた天然酵母を使うことで、素材由来のフルーティーな香りと発酵によるスパイシーな香りが楽しめる。

2つ目は、やわらかな甘みの小麦麦芽に、ライムによる爽やかな香りと酸味がほどよく感じられる「春風ホワイト」。山椒の香りがアクセントとなり、締まりのある味わいに。

こちらは、旬のいちごと愛媛県産の鯛を使ったペアリングメニューの用意もあるという。どちらも同店のみの数量限定発売で、価格はレギュラーグラス各930円。

「与謝野の春」 「春風ホワイト」

2020年3月27日(金)発売
価格:各930円(レギュラーグラス)

住所:スプリングバレーブルワリー京都(京都市中京区富小路通587-2)
営業:11:30〜23:00(LO22:00、土曜11:00〜23:00、日曜11:00〜22:00)※毎月第2月曜日、祝日の月曜日は営業(翌日休業)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本