男女コンビ蛙亭「キングオブコント優勝目指し東京へ」

2020.3.29 17:00

「よしもと漫才劇場」の楽屋で、左から蛙亭の中野周平、岩倉美里

(写真7枚)

「漫才もコントも、両方面白くなりたい」(岩倉)

──以前、テレビ東京の『ゴッドタン』で出演されていたコント師のみなさんが、今注目しているコンビとして蛙亭をあげるなど、コンビとしての勢いを感じます。今は、コントも漫才もされていますが、東京ではやはりコント中心に?

中野「東京の芸人さんに注目してもらっていることは、収録でかが屋に会ったときに教えてもらって。僕らの知らないところでそう言ってくれてたなんて、こしょばい(くすぐったい)感じとうれしい感じがしますね」

岩倉「漫才もします! コントの方が好きなんですけど、大阪のコント師のロングコートダディさん、セルライトスパさん、ニッポンの社長さんとかは漫才もコントも面白い。面白い人はなにやっても面白い。自分も両方面白くなりたい・・・漫才は難しいけど」

中野「漫才も好きです。やって楽しいのはコントだけど、漫才も楽しいから両方やれたらいいな」

岩倉「コントの魅力は、役に入ったら普段の自分と違うことができること。ギャル役をしたら、普段はしゃべることができない関西弁も喋れるんですよ。中野さんはギャルが好きなんですよ。私がウィッグをしてギャルっぽいメイクをしていたら『意外にいい素質を持っている』って言われて気持ち悪かった・・・」

小さな声でボソボソっと中野さんに対して毒舌をはく岩倉さん。今は宮崎弁だけど、東京にいったら東京弁をしゃべれるそうに練習するそう

──大阪を離れて寂しいことはありますか?

中野「僕はお絵かき芸人として、土日公演のオープニングを盛り上げたりしているので、その活動ができなくなるのが寂しいです」

岩倉「たくさんの先輩にご飯に連れて行ってもらっているんですが、一番はヒガシ逢ウサカの今井さんなんです。NSCのときから良くしてくださっていて。東京に行ったら、私より今井さんのほうが寂しがるだろうな。ちょっと心残りなのは、ジソンシンの酒井さんが好きなんですが、好きすぎて近づき辛くて、今ラッシュをかけてしゃべっています。酒井さんに会えなくなるのは寂しい。今井さんに会えないのはいいけど・・・」

中野「東京だと岩倉さんが100%電車をミスるのが心配なんですよね。道もよく間違えるし、5分で着くと思うと、5分前に家を出るタイプなんで」

岩倉「そこだけは気を付けようと思います・・・。中野さんも、そんな私に気を付けてほしいと思います。また新しい環境かと思うと不安になるけれど、尼神インターの2人や仲のいい先輩がたくさんいるし、他事務所の方々と会うのも楽しみ!」

中野「僕も霜降り明星の粗品さんとかコロコロチキチキペッパーズのナダルさんとか、先輩がいっぱいいるので安心です。あと、今年は僕らだけでなく4組くらいが近い時期に東京進出をします。同じ気持ちの人がそれだけいると思うと心強いです」

──東京でも最高のコントと漫才を見せてくださいね!ありがとうございました。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本