若冲の知られざる作品が京都に。最初期の彩色画が初お目見え

2020.3.23 06:00
  • 修理前の伊藤若冲の最初期の彩色画「蕪に双鶏図」(縦111センチ、横68.8センチ)福田美術館所蔵
  • 「蕪に双鶏図」の説明をする岡田秀之学芸課長
  • 伊藤若冲 柳に鶏図 18世紀後半
  • 伊藤若冲 郡鶏図押絵貼屏風(右)1797年
  • 伊藤若冲 郡鶏図押絵貼屏風(左)1797年
  • 修理前の伊藤若冲の最初期の彩色画「蕪に双鶏図」(縦111センチ、横68.8センチ)福田美術館所蔵
  • 「蕪に双鶏図」の説明をする岡田秀之学芸課長
  • 伊藤若冲 柳に鶏図 18世紀後半
  • 伊藤若冲 郡鶏図押絵貼屏風(右)1797年
  • 伊藤若冲 郡鶏図押絵貼屏風(左)1797年
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本