30周年記念ライブ中止のスカパラ、生配信ライブを開催

2020.3.18 13:00

東京スカパラダイスオーケストラ

(写真1枚)

日本を代表するスカバンド・東京スカパラダイスオーケストラ(以下、スカパラ)が、3月20日にインターネット生配信によるワンマンライブをおこなう。

2019年にデビュー30周年を迎え、メモリアルイヤーとして全国ツアーを開催していたスカパラ。その締めくくりとして東京「国立代々木競技場第一体育館」でおこなわれる予定だった3月20日の公演が、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、中止となった。

そこで、おなじく30周年の「スペースシャワーTV」とタッグを組み、インターネット生配信によるライブ開催を企画したという。

ドラムの茂木欣一は、「コロナウイルスの影響によって大切な予定がキャンセルになり、悲しい悔しい思いをされてる方がたくさん・・・でも、優しい心やポジティブな気持ちを忘れずにいたい。今こそ音楽を通して笑顔や潤いを分け合いたいです。なので『自分たちが出来ることをやる』これを実行するのみ」とコメント。

続けて、「みんなが少しでも春めいた気持ちになってくれたら何より嬉しいです。最高のライブを一緒につくろう、僕らいつだってワイヤレスで繋がってるから!! 楽しみにしていて下さい」と呼びかけた。

ライブの模様は3月20日・20時から、スカパラ、スペースシャワーTV、エイベックスの各オフィシャルYouTubeチャンネルにて生配信される。

東京スカパラダイスオーケストラ『TOKYO SKA JAM “8”』緊急生配信

日時:2020年3月20日(祝・金)・20:00〜

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本