DA PUMP「地道に培ったものと自信がダンスに表れてる」

2020.3.22 20:00

DA PUMP(左上から時計回りにYORI、KENZO、TOMO、KIMI、DAICHI、U−YEAH、ISSA)写真/河上良

(写真10枚)

代表曲『U.S.A.』の「いいねダンス」など、誰もがひと目見ただけで踊れる振付を発表し続けるDA PUMP。3月25日リリースの『Heart on Fire』では、アメリカで流行し、ハッピーな気持ちを表すときにやる「つり革ダンス」を取り入れている。

電車のつり革を持つときの動きをモチーフにしたこの振付は、誰でもできるお手軽なダンスだ。しかしDA PUMPは、卓越したスキルを各自が持っているグループ。「誰でも真似ができる」という打ち出し方についてどのように考えているのか。来阪したメンバー全員に話を訊いた。

取材・文/田辺ユウキ 写真/河上良

「自分たちのエゴだけではダメ」(YORI)

──『Heart on Fire』のつり革ダンスは、TOMOさんが渡米した際に目にした振付をモチーフにしているんですよね。

TOMO「僕はアメリカで何が流行っているのかその目で見たいので、意識的に渡米する機会を設けているんです。つり革ダンスはSNSでも見たことがあったのですが、実際に目にして『今回の楽曲のノリの良さやテンションにハマるんじゃないか』と感じました」

KIMI「その動き自体は、自分も友だちがSNSでやっているのを見たことがあったので知っていたけど、あれを現地で吸収して取り入れる、TOMOくんの感覚がすごいと思う」

U-YEAH「海外の人は、誰もが自分の感情表現として自然にダンスを踊るけど、日本はまだまだ抵抗があって、『ダンスを習っているかどうか』みたいな分け隔てがあるような気がする。そのなかでDA PUMPの踊りは真似してみたいと思わせる・・・やっぱりTOMOさん、やばい!」

DAICHI「『U.S.A.』(2018)のいいねダンス、その次の『桜』(2019)でのサクラフィンガー、『P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜』(2019)のバイーンダンスなどがあって、今回がつり革ダンス。どんな年代の方たちでも覚えられるし、踊れる。さすがTOMOさんはすごいな〜って!(全員うなずく)」

TOMO「(笑)」

──(笑)。でもDA PUMPへの驚きってそこなんですよね。従来のダンスグループは誰もマネができないアクロバティック性を売りにすることが多いですが、『Heart on Fire』は「2秒で誰でも真似ができる」というようなキャッチコピーですよね。DA PUMPに圧倒的な技術があることは誰もが前提として分かっているけど、それでも「自分たちの踊りはみんな簡単にできる」と言えちゃう部分がすごい。

TOMO「高い技術力を魅せたいという思考も現在もなくはないんです。スキルを打ち出したい気持ちは10年間変わらない。だけど『U.S.A.』以降、みんながもっと一緒にできること、それこそ『ダンスをシェアしていこう』という気持ちの方が強くなりました」

YORI「『U.S.A.』までの10年の時間があったからこそ、『Heart on Fire』でもこういう打ち出し方ができるようになった気がします。『U.S.A.』をきっかけに、お客さんが求めてくれていること、楽しみにしているものに応えていきたいという考え方になった。試行錯誤して、いろんな経験が混ざった形が、今なんです。それにみんなで一緒に出来るって、すごく素敵なこと。『自分たちはこれがやりたい』というエゴが強いだけではダメですから」

DAICHI「それでも、自分たちが純粋に見せたいことはちゃんとライブでやっているよね。覚えやすいダンスと楽曲があって、そのなかで自分たちが魅せたいものは表現しています。『U.S.A.』以降、そのバランスが良くなってきました」

DA PUMP シングル『Heart on Fire』

2020年3月25日(水)発売
[CD+DVD+VR盤]
AVCD-16989/B 2860円
[CD+DVD]
AVCD-16990/B 1980円
[CD+Blu-ray]
AVCD-16991/B 2530円
[CD only]
AVCD-16993 1100円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本