工藤阿須加、エロスだだ漏れキャラに「僕にそれを求めます!?」

2020.3.13 18:30

クールなイケメンシェフを演じる、工藤阿須加 ©KTV

(写真2枚)

3月31日放送となる山本美月主演のスペシャルドラマ『あと3回、君に会える』(カンテレ・フジ系全国ネット)に、工藤阿須加が出演することが決定した。

同ドラマは、「大切な人との時間の尊さ」というテーマを軸に繰り広げていく、淡く切ない恋愛物語。工藤阿須加は、映像制作会社のディレクターをつとめる主人公の楓(山本美月)が、取材で密着することになったキッチンカーのクールなイケメンシェフ・澤村洸二役を演じる。

左から、山本美月、シェフのアシスタント役を演じる眞栄田郷敦 ©KTV

ドラマについて工藤は、「最初に台本を読んだときは、若者たちのリアルな恋愛観が映し出されているなと思いました。若者たちの人間関係のおもしろさやファンタジーな要素もあります。一期一会という言葉があるように、日ごろ僕らが当たり前に生活しているなかで忘れがちなことや、大切なメッセージが込められている物語だと思いました」と話した。

役については「最近はあまり料理をしていなかったのですが、昔は肉じゃがを作ったり、キャンプで簡単な料理を作ったりはしていましたね」と経験談を披露。また、クールなイケメンシェフで、エロスだだ漏れ…というキャラクター設定については「ワードが強すぎて、僕にそれを求めます!?と思ったのですが、求めてくださるのであれば、一人の人間としての澤村を演じられるように頑張りたいです」と笑顔を浮かべた。

ドラマのタイトルにちなみ、大切な人と「あと3回しか会えない」と分かってしまったらどうするかと尋ねると「僕だったらその3回をより大切に過ごしますね。そしてもしかしたらまた会えるかもしれないと思いたいですね」と答えた。ドラマを通して伝えたいメッセージについては「偶然の出会いはなくて、すべての出会いは必然だと僕は思っていますし、少しでも携わったなら、その出会いを大切にすべきだなと思っています」と力強く語った。淡い三角関係を描く同ドラマは3月31日、夜9時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本