最先端スタイルも、奈良でかき氷の祭が3月に

2020.2.13 18:00

ガラス作家 杉江 智と氷匠ル・クレールによるコラボ、スーパーカニちー」4100円(28日のみ)

(写真6枚)

今年で7回目を迎える、かき氷が主役の『ひむろしらゆき祭』。奈良公園内の「春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~ 別館」(奈良県奈良市)で、3月28日・29日に開催される。

かき氷の街・奈良を盛り上げるため、地元はもちろん全国から名店が集う同企画。遠方からもかき氷ファンが集い、ネットで受け付ける奉納賛助前売券は、人気店であれば5分も経たずしてなくなるものもあり、年々入手困難となっている。

今年は、「コラボ」をテーマに、かき氷店と農園や器、技巧派かき氷店同士など、それぞれに趣向を凝らした1日限りのかき氷が登場する。

奈良の和菓子店「千壽茶寮」とパティスリー「KARAKU」のコラボでは、和洋の食材を組み合わせてソースを考案(両日)。岐阜の「赤鰐」、大阪の「cocoo cafe」、茨城県の「さくら氷果店」と、かき氷専門店が3軒集結した「スコーピオンズ」は、リング状のケーキのような斬新なひと品(28日のみ)を生みだすそう。

また、奈良で増加する甘じょっぱい「おかず氷」の牽引役である「氷匠ル・クレール」も驚きのひと品を。カニ爪が飛び出し、バラの花のように削られたチーズがトッピングされた「スーパーカニちー」(4100円・28日のみ)を、ガラス作家の杉江 智の器で別室にて提供する(持ち出し、他店の持ち込み不可)。

両日、全く異なるメニュー15種類がラインアップ。開場前には、氷の神様を祀る「氷室神社」でかき氷奉献神事がおこなわれた後に、天平衣裳の女官たちによる「純氷道中」で会場へ氷が運ばれる。前売り奉納賛助券は2月15日の22時から専用サイトにて。

『ひむらしらゆき祭』

日時:2020年3月28日(土)・29日(日)
会場:春日野国際フォーラム甍〜I・RA・KA〜 別館(奈良県奈良市雑司町469)
料金:かき氷購入は前売奉納賛助券が必要
※2020年2月15日(土)・22:00から販売

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本