巨大な弁慶の首が登場、文楽の春まつり

2020.2.2 06:00

『二人三番叟(ににんさんばそう)』を上演する過去のイベントの様子 協力:一般社団法人 人形浄瑠璃文楽座

(写真3枚)

ストリートライブを楽しむような感覚で文楽の魅力に触れられる無料イベント『ムムム!!文楽シリーズ 春まつり文楽 in TWIN21』が3月5日・6日に「ツイン21」(大阪市中央区)で開催される。

ユネスコ無形文化遺産である「人形浄瑠璃文楽」を初心者でも身近に感じ、親しむことできる同イベント。

当日は、文楽が初めての人にもわかりやすく解説するトークショーや、伝統的でありながらもユーモラスな演目『二人三番叟(ににんさんばそう)』のダイジェスト版が上演される。

さらに太夫、三味線、人形遣いら出演者と触れ合う体験コーナーも登場。これらのイベントを通じて文楽の聖地「国立文楽劇場」での本公演を楽しみにする人も多いという。

また、会場には2月27日から、演目『五条橋』に登場する弁慶の首(かしら)を10倍にした約2メートルのオブジェも展示。

大阪市の松井一郎市長は定例会見(1月30日)で、「弁慶の首はインスタ映えするのでぜひ撮影して、拡散していただきたい」と紹介した。

「難しそう、見方がわからないという方こそ、楽しめるイベント。ぜひご覧いただきたい」と松井市長。時間は3月5日が18時から、6日は12時30分から。

取材・文・写真/岡田由佳子

『ムムム!!文楽シリーズ 春まつり文楽 in TWIN 21』

日時:2020年3月5日(木)18:00〜19:00、6日(金)12:30〜13:30
会場:ツイン21 1階(大阪市中央区城見2-1-61)
料金:無料
電話:06-6469-5176

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本