「コロナ」風評被害のホテルに、応援の声

2020.1.28 19:00

JR新大阪駅から外観が見えるという「大阪コロナホテル」(写真提供:大阪コロナホテル)

(写真6枚)

中国・武漢市で発症し、日本でも指定感染症としての扱いが閣議決定された「新型コロナウイルス感染症」。そのウイルスの名前ゆえ、SNSで嘆きのつぶやきをした大阪のホテルに、多数の応援の声が集まっている。

悲しみの声の主は、JR新大阪駅近くにある「大阪コロナホテル」(大阪市東淀川区)のツイッター公式アカウント(@CORONAHOTELJP)。27日に、涙を流す絵文字と「コロナウイルスが憎い・・・」の一言とともに、「コロナホテル縁起悪そう」「怖い」などと書かれたつぶやきのスクリーンショットを添付して投稿したところ、それを見た人たちによって約7.2万リツイートも拡散された(28日17時現在)。

拡散されたツイッターのスクリーンショット

同ホテルのツイッターを管理している「中の人」によると、「今年1月からスタートしたSNSなんですが、コロナホテルで検索をしていると、話題のコロナウイルスと名前が同じことから『縁起が悪い』『怖い』などのツイートが結構ありまして・・・。悲しくなって、ツイートしたんです」と経緯を話す。

その後、風評被害が懸念される悲しい内容には、「コロナホテルさんは悪くない」「負けるな!」「頑張って下さい! 応援してます」「今こそ『安全清潔に注力してるホテルです!』と宣伝の好機かと」など、多くの人からの同情や温かい励ましの声が相次いだ。なかには、「前泊まったときに、朝食が豪華でおいしかった」「大浴場がよかったです」などと宣伝する、過去の宿泊客からのコメントも見受けられた。

ウイルスのいち早い鎮静化を願い、宿泊客にマスクを配っている(写真提供:大阪コロナホテル)

ホテルとしても、フロントには宿泊者が自由に使えるマスクや、入り口にはアルコール消毒スプレーを用意。さらに従業員のマスク着用を義務付けるなど、新型ウイルスの対策もできる限り対応しており、現在ホテルの名前を理由としたキャンセルなどの風評被害はないという。

従業員のマスク着用を義務付けている(写真提供:大阪コロナホテル)

ホテルの担当者は、「温かい励ましをいただき、ありがたいです。今現在、今回の病気で苦しんでいらっしゃる方もおられるので、その方々の回復をお祈りするとともに、ホテルとしても安心・安全はもちろんのこと更なるサービス向上に努めて参りますので、ぜひ足をお運びいただければうれしいです。また、今後は悲しい内容のツイートではなくホテルならではの明るい内容をみなさんにお届けしたいです!」と話している。

取材・文/野村真帆

「大阪コロナホテル」

住所:大阪市東淀川区西淡路1-3-21

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本