大阪の歴史あるバーで、生ビール・パス

2020.1.16 08:00

リーガロイヤルホテルの1階にあるリーチバー。BGMが流れない、静かな空間も特徴

(写真2枚)

クラシカルで歴史あるバーとして愛される「リーガロイヤルホテル」(大阪市北区)の「リーチバー」。創業85年を記念して生ビールの飲み放題パスポートが1月16日から販売される。

建築家の吉田五十八が、陶芸家バーナード・リーチの着想を具現化した英国コテージ風の「リーチバー」。店内には、棟方志功、 河井寛次郎、 濱田庄司、 芹沢銈介ら名だたる日本民藝作家のコレクションが並んでおり、一歩入ると重厚ながらも、しっとり落ち着く空気感が流れている。

バーテンダーが熟練の技で注いでくれるビールは、泡のきめ細かさも違う
バーテンダーが熟練の技で注いでくれるビールは、泡のきめ細かさも違う

「朝日麦酒(現在はアサヒビール)」の社長を務めた山本為三郎の発案から実現したバーであることから、今回、販売される「マンスリービアパスポート」で楽しめるのは「アサヒスーパードライ」となっている。料金は8500円(税サービス料込で10285円)で、50枚限定。2月14日までの平日のみ利用可。営業は11時から深夜24時まで。

「リーガロイヤルホテル リーチバー」

住所:大阪市北区中之島5-3-68 1F
営業:11:00〜24:00(LO〜23:45)
電話:06‐6441-1983

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本