滋賀のスキー場で挑戦、セルフレンタル店
2020.1.2 17:00

スノーボード&スキーのセルフレンタルショップが、「グランスノー奥伊吹(旧・奥伊吹スキー場)」(滋賀県米原市)のオープンに合わせて開店予定だ。人手不足を打破するために対策だという。

「道の駅 伊吹の里 旬彩の森」の交差点からスキー場までは一本道。その途中、道の駅から車で5分くらい、道路の左手に大きな看板が迎えてくれる
「道の駅 伊吹の里 旬彩の森」の交差点からスキー場までは一本道。その途中、道の駅から車で5分くらい、道路の左手に大きな看板が迎えてくれる画像一覧

セルフ対応にすることで、通常規模のレンタルショップであれば、ピーク時は1日4〜5人スタッフが必要だが1人で対応可能に。大幅に人件費をカットできるため、一般スキー場内のレンタル料金がセット4000円前後のところを、スノーボード(スキーも同じ)セットが平日1000円、土日祝日2000円(共に税込)という、手頃な価格を実現している。

店舗入口を入るとスノーボードの板がずらりと並ぶ
店舗入口を入るとスノーボードの板がずらりと並ぶ画像一覧

奧伊吹に出店した理由については、「新潟・長野のスキー場に比べて、西に行くに従いレンタル比率は高くなります。とはいえ、近年の少雪傾向のなか安定してシーズン中営業ができるエリアは滋賀県まで。そこで、関西屈指の人気スポットとなっているこの場所に。レンタル料金が少しでも浮いた分、何度もスキー場に足を運んで上達してもらえたらうれしいです」とスタッフは話す。

スノーボードは300セット弱もそろい、有名ブランド中心のラインアップが魅力。スノーボードではバートン、ロシニョール、サロモン、エラン、ヘッド。スキーではロシニョール、フォルクル、ノルディカ、エラン、ブリザードなどがそろう。営業は6時〜18時(シーズン中は無休)。

取材・文/小林明子

「セルフレンタル奥伊吹店」

住所:滋賀県米原市下板並639
営業:6:00~18:00(シーズン中は無休)
電話:080-9557-9937
URL:https://www.selfrental.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ