セントレジス大阪、いちご10種食べ比べ

2019.12.30 19:00

ブランドいちご10種類が並ぶ『ストロベリー・ブティック』会場

(写真9枚)

「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)で、いちご尽くしのブッフェ『ストロベリー・ブティック』が、2020年5月上旬まで開催。ブランドいちごの10種食べ比べが注目を集めている。

フレッシュいちごの提供は、他ホテルのいちごブッフェでは通常1~3種のところ、10種という異例の多さから前回開催時人気に。今回も引き続きおこなわれ、「いちごさん」や「恋みのり」など、まだ一般的ではない品種や、エグゼクティブ ペストリーシェフの伊藤慎二さんが、産地の徳島まで足を運んで仕入れた「小松島産さちのか」などが、日替わりで並ぶ。会場は甘い香りに包まれ、「手軽にいちご狩り気分が味わえる」と好評だ。

大学の元同級生という20代男女の4人組は、兵庫・西宮と東京から来店。「いちごブッフェは色々あって迷ったのですが、生のいちごをいろいろ食べられるここにしました」と話し、「ごはんもしっかり、食べられるのがいいですね。スイーツはストロベリーショートケーキが1番おいしかった」と男性も満喫していた。

銘柄の書かれたシートが用意され、名前を確認しながらいちごの食べ比べができる
銘柄の書かれたシートが用意され、名前を確認しながらいちごの食べ比べができる

ブティックをテーマに、バッグやスイーツの形をしたスイーツが並ぶほか、オリジナルのパフェが作れるコーナーを含めて、いちごスイーツは約30種。ドリンクはオーダー方式の飲み放題でコーヒーや紅茶のほか、いちごを使ったフレーバーティーソーダなどの約10種類から選ぶことができる。

軽食は、サラダやキッシュなどが約7種並び、1人1皿ずつ温かい季節のメニューも。さらに1月7日以降からは、ディナータイム(17時と19時の回)は、肉と魚から選べるメインディッシュ1品が付く。しかも料金は据え置き。「お仕事帰りに寄っていただいて、食事を兼ねて楽しんでいただければ」という担当者の思いから実現したそう。

スモークサーモン 西洋わさびのアクセント、カリフラワーのムース カレー風味など、趣向を凝らしたフードが楽しめる
スモークサーモン 西洋わさびのアクセント、カリフラワーのムース カレー風味など、趣向を凝らしたフードが楽しめる

これまで、フレンチビストロの「ル ドール」の1階で開催していたが、今回から貸切などで使用していた2階が会場となり、2020年5月上旬まで開催。料金は5800円(税・サ込)ほか。

取材・写真/二木繁美

アスター夫人のデザートサロン『ストロベリー・ブティック』

期間:2019年12月28日(土)~2020年5月上旬 ※12/31除く
時間:12/28~1/6 は11:30~/15:00~、
2020/ 1/7~5月上旬 11:00~/13:00~/15:00~/17:00~/19:00~
※17時と19時の回は、メインディッシュ付き ※90分制・要予約
会場:セント レジス ホテル 大阪 ル ドール2F(大阪市中央区本町3-6-12)
料金:5,800円、子ども 2,900円(以上税サ込)
電話:06-6105-5659(レストラン予約/10:00~20:00)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本