西川忠志、藤山直美から「自然になった」

2019.12.26 13:00

左から会見に参加した吉田裕、池乃めだか、西川忠志、内場勝則、島田珠代(12月25日・大阪市内)

(写真2枚)

俳優・西川忠志が吉本新喜劇入団10周年を迎え、来春「なんばグランド花月」(大阪市中央区)で記念公演を開催。12月25日に大阪市内でおこなわれた概要発表会で心境を語った。

「10年間、吉本新喜劇の舞台を踏ませていただいた経験を踏まえて、一度、自分のイベントをやってみないかということで、会社の方にお願いしてやらせていただくことになりました」と西川。「10年とは言え、僕は新参者。NGKで新喜劇のイベントをさせていただくことは感無量です!」と熱く語った。

西川は俳優としてドラマや映画などで活躍後、芸能生活22年目の2009年11月に吉本新喜劇に入団。森繁久彌や森光子ら日本を代表する俳優と共演するなかで、彼らの芸道の根本に喜劇があったことを知り入団を切望した。

それから研鑽を積み、入団後に藤山直美と共演した際には、「忠志くん、吉本新喜劇に入団した後は、舞台上での生き方がとても自然になったね」と言われたという。

「その本意は分かりかねますが、僕が想像するには、それまで舞台上では芝居をしようという気持ちが強かったところが、吉本新喜劇に入ったことで、楽しくリラックスできたからではないかと思います」と振りかえる。

10周年記念公演では、「新喜劇はお笑い7、ほろり3ぐらいで西川忠志のエッセンスを取り入れたい」と意気込んだ西川。記念公演『感謝』は2020年3月15日・夜7時半からで、チケットは1階4000円ほか発売中。

取材・文/岩本

西川忠志 吉本新喜劇入団10周年記念公演『感謝』

日時:2020年3月15日(日)・19:30〜
会場:なんばグランド花月(大阪市中央区難波千日前11-6)
料金:1階4000円/子ども3500円、2階3500円/子ども3000円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本