さまざまな「物語」がテーマの美術展

2019.12.14 08:00

さわひらき《Souvenir IV》2012年

(写真7枚)

アートスペース「あまらぶアートラボ A-Lab」(兵庫県尼崎市)で、「物語」をテーマにした展覧会「物語のものがたり」が12月14日より開催される。

本展が取り上げる物語とはどんなものだろう。世のなかには歴史に残る「物語」だけでなく、一人ひとりや家族、友人、地域の出来事など、さまざまな「物語」が存在する。そして、街には無数の物語が折り重なって存在している。本展では、出来事、記憶、時間、空間、幻想、創造、憧憬など「物語」を感じる要素を、「物語のものがたり」と捉えて展覧会をおこなう。

坂口佳奈・二木詩織「キャンプができたらいいな。i wish i could camp」Gallery PARC 2018年

参加作家は、さわひらき、蓮沼昌宏、坂口佳奈・二木詩織の3組。ロンドン在住のさわは、自身の心象風景や記憶のなかにある感覚をビデオインスタレーションで表現する。蓮沼は、19世紀に考案されたパラパラ漫画(フリップ・ブック)の原理で絵が動く装置「キノーラ」によるアニメを中心に制作。

坂口と二木は、絵画、映像、写真、物、地図などさまざまなアイテムでインスタレーションを構築する。この3組が作り出す「物語」に、観客それぞれが抱える「物語」が響き合ったとき、本展はより豊かな広がりを持つだろう。

なお本展会期中に、「ソバットシアター」の立体アニメーションの撮影セットも公開される。ソバットシアターとは、尼崎を拠点に活動する立体アニメーション制作チームで、現在「あまらぶアートラボ A-Lab」内で新作の撮影をおこなっている。こちらも併せて楽しみたい。公開は月・水・土・日曜。入場無料。

文/小吹隆文(美術ライター)

『物語のものがたり』

期間:2019年12月14日(土)〜2020年2月2日(日)※火曜休・12/29〜1/3休  
時間:11:00〜19:00(月・水曜〜金曜、土日祝は10:00〜18:00)
会場:あまらぶアートラボ A-Lab(兵庫県尼崎市西長洲町2-33-1)
料金:無料
電話:06-7163-7108

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本