佐野史郎「演じる喜び、今までとは違う」

2019.12.11 07:00

連続サスペンスドラマ『10の秘密』に出演する佐野史郎

(写真1枚)

11月にバラエティー番組の収録で腰椎骨折して以来、初のドラマ出演が決定した佐野史郎。その連続ドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)の放送が2020年1月14日からスタートする。

佐野は、1992年放送『ずっとあなたが好きだった』(東京放送)の桂田冬彦役でブレイク。その後も数々のドラマや映画に出演し、2018年放送『限界団地』(東海テレビ)で、連続テレビドラマ初の主演をつとめた。

1月スタートの連続ドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)は、向井理が主演。向井が演じる主人公・白河圭太の愛する娘が何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンスだ。佐野が演じるのは、圭太の元妻・由貴子(仲間由紀恵)が顧問弁護士を務める帝東建設の社長・長沼豊役だ。

ドラマについて佐野は「先が読めないし、原作がない…この先どうなるんだろうと想像しながらディープな世界を楽しんでもらえたら」と話し、共演者についても「今からワクワクしています」と、撮影が楽しみな様子。そしてこの作品が「俳優として再スタート」と意気込みを語った。

「1話完結のドラマもいいけれど、このドラマのように、少しずつ『秘密』が明かされることで物語が繋がって、なるほどってなるようなドラマは最近少なかったんじゃないですかね? 劇中の事件を通して今の世の中を象徴的に現してもいるようにも感じられますし、この作品に参加させていただきとても光栄です。共演者のみなさんのそれぞれの駆け引きも楽しみですよね? 今からワクワクしています。打ち合わせで、いただいている台本から先の今後の展開を教えてもらったんですが、まさかそういう展開になるのかって予想できなかったですよ(笑)」と話した佐野。

「骨折事故で皆さまにご心配をおかけしてしまいましたが、今回は俳優として再スタートのドラマでもあります。退院早々に今回のような素晴らしい作品と出会え、感謝の気持ちでいっぱいです。演じることの喜びが、今までとは違う感覚で芽生えています。好きな世界に生き、好きな作品と巡り会え、正面から取り組ませていただけることが当たり前ではないということにも気づかせてもらえました。」とも。放送は2020年1月14日・夜9時にスタートする。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本